中小の消費者金融が生き残った

過払い請求問題で大手の消費者金融が軒並み経営不振になりました。もちろん、中小の消費者金融もそうだったのですが、小さいところのほうがダメージが少なかったのです。ですから、生き残ったところは意外と小さなところだったりします。銀行と提携したりして、生き残りを図っているところです。今はかなり落ち着いてきました。
借りる側からすれば、キチンと法定金利の範囲内でしっかりと貸してくれるならどこでもよいのです。強いて言えば、出来るだけ金利が安いところが良いですが、とにかく貸してくれるところが有り難いことです。そもそもキャッシングと言うのは少額小口融資のことであり、恒常的に借りることはそもそもしないわけですから、すぐに返せば金利は少なくて済みます。
最近の消費者金融はカードを発行して、それを使って管理をします。一々、店頭に行かなくてもコンビニのATMで借り入れができることがあります。これは非常に便利なサービスです。便利なサービスなのですが、あまり使いすぎないように注意することです。便利過ぎて使いすぎる人が増えていますから、そうならないようにすることです。
できる事ならしっかりと返済計画を立てることです。いくら借りて、月々いくら返済したら、いつ返せる、と言うことをしっかりと計算することです。そうすれば、返済時にそれほど困ることはありません。何事もしっかりと計算、計画を立てておけば、スムーズに事が進むものです。行き当たりばったりで行動しないで計算しておくことです。

関連記事